株式会社ティアラ

4.05.2018

Wedding Bouquet

ご結婚式の日、
花嫁の欠かせないコーディネートアイテムの一つ、ブーケ。
 
様々なスタイルがあるのをご存知でしょうか。
 
ラウンド型なら可愛らしく。
どんなドレスにも合わせやすいですね。
 
 
 
 
キャスケード型はよりエレガントな印象。
流れるような雫型が特徴です。
特にウェディングドレスに合わせるのがおすすめです。
 
 
 
 
クラッチ型はおしゃれな印象。
今まさに摘み取ってきたばかりのような、ナチュラルさが人気。
 
 
 
 
 

 
 
 
専属のフローリストとのお打ち合わせで、
あなただけの特別なブーケを作ってくださいね。
 


4.01.2018

ブライダルシーズン到来

いつもティアラドレッセのブログをご覧下さいまして、ありがとうございます。
 
桜満開の季節がやって参りましたね。
これからティアラでは沢山のウェディングのお手伝いをさせていただきます。
 
 
それぞれのお二人に、歩いてこられたストーリーがあります。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そのストーリーを、ひとつひとつのシーンに込めて。
 
 
 


PARTY SNAP

いつもティアラドレッセのブログをご覧いただき、ありがとうございます。
 
ティアラがご提案したいのは、
お二人らしさを大切に考えたウェディング。
 
どんなスタイルで「らしさ」を表現したらいいのか、
悩まれている方も多くいらっしゃるかと思います。
 
そんな皆様のお手本となるような素敵なパーティーを計画された
お二人をご紹介いたしますね。
 
 
二人の日常を感じさせてくれるアイテムの数々。
 
 
挙式のスタイルは和人前式を。
古典模様の伝統的な白無垢を選ばれました。
 
軽さのあるヘアスタイルから、
普段からおしゃれなご新婦様らしさを感じ取ることが出来ます。
 
 
 
 
お色直しは「Leaf for Brides」のペネロペを選ばれました。
 
 
たっぷりと広がるスカートが特徴のプリンセスライン。
シンプルなデザインが花嫁の清楚さを引き立ててくれます。
 
 
 
いつも楽しくお衣装選びを進めてくださったお二人。
 
末永くお幸せに。
 


3.02.2018

Night Party

「am boel」の魅力。
それは、時間によって表情を変えていく
ガーデンやメインホールではないでしょうか。
 
キャンドルをたっぷりと灯して。
 
 
ライトも表情を変化させます。
 
 
昼間のパーティーとは違った魅力を
皆様存分に楽しまれています。
 

 
 
 
 
お二人らしいコーディネートで、ナイトパーティーを演出してくださいね。
 

和装の柄行について

いつもティアラドレッセのブログをご覧下さいまして、
ありがとうございます。
 
日本の伝統的な婚礼衣装である和装。
 
 
 
白無垢、色打掛、そして振袖。
それぞれに、様々な柄行が描かれています。
 
その柄の一つ一つに、意味があることをご存知でしょうか。
 
まず、代表的な柄行として、「鶴」がございます。
ご存知の通り、長寿の象徴であると同時に、
生涯を同じつがいで添い遂げるといわれ、
夫婦円満の象徴でもあります。
 
 
 
そして、「扇面柄」
末広がりの文様が縁起物とされ、子孫繁栄を願う柄行です。
花嫁衣裳では、更にその扇面に鶴や花柄など、
おめでたい柄行が描きこまれているものも多くございます。
 
 
 
続いては、「御所車」
古来、身分の高い女性が輿入れの際に使用した乗り物を指します。
その華やかな装飾が、富と繁栄を象徴する柄行とされています。
 
 
 
嫁ぐ女性の幸せと繁栄を願う心が、
柄の一つ一つに込められた和の婚礼衣装。
 
その意味を知ることで、和装に袖を通す気持ちがきっと変わるはずです。
 
日本人が受け継いできた価値観を感じながら、大切な時間を過ごしてください。
 


2.11.2018

ASC

「アムボエルを気に入って下さった決め手は何でしたか?」
 
私達スタイリストがお伺いすると、
沢山の新郎新婦が
「チャペルです」
と答えて下さいます。
 
am boel のチャペル「ASC」
 
白一色の空間に、心が震える瞬間。
 
 
会場全体がレフ版となって、花嫁に光を集めてくれます。
 
 
 
 
シンプルな装飾だからこそ、ウェディングドレスのテイストやデザインを問いません。
 
 
 
もちろん、和装での人前式も。
 
 
 
 
 
結婚式の日。
その一日の中でも、最も大切なセレモニーの時間を過ごす場所。
 
あの場所に、当日どんなご自身で立っていたいですか。
 
ウェディングドレスを選ばれる際には、
理想のご自身の姿を思い描いてみてくださいね。
 
 
 
ぴったりのドレスを、私達がおすすめさせていただきます。
 

 
 

ページの先頭へ