株式会社ティアラ

2.11.2018

ASC

「アムボエルを気に入って下さった決め手は何でしたか?」
 
私達スタイリストがお伺いすると、
沢山の新郎新婦が
「チャペルです」
と答えて下さいます。
 
am boel のチャペル「ASC」
 
白一色の空間に、心が震える瞬間。
 
 
会場全体がレフ版となって、花嫁に光を集めてくれます。
 
 
 
 
シンプルな装飾だからこそ、ウェディングドレスのテイストやデザインを問いません。
 
 
 
もちろん、和装での人前式も。
 
 
 
 
 
結婚式の日。
その一日の中でも、最も大切なセレモニーの時間を過ごす場所。
 
あの場所に、当日どんなご自身で立っていたいですか。
 
ウェディングドレスを選ばれる際には、
理想のご自身の姿を思い描いてみてくださいね。
 
 
 
ぴったりのドレスを、私達がおすすめさせていただきます。
 


2.07.2018

PARTY SNAP

 
アムボエルのガーデンが紅葉を深める11月。
素敵なお二人のWEDDING PARTY は開催されました。
 
 
花嫁の運命のウェディングドレスは「PETER LANGNER」のコスタンザ。
彼のデザインするドレスに袖を通した花嫁は、
シンプルとは、洗練されているという事に気付かされるはず。
 
極限までデザインを排除したフロント部分。
蝶の羽をイメージしたバックスタイル。
全てが計算され尽したバランスです。
 
 
 
 
 
 
お色直しでは、「Leaf for Brides」のデボラを。
深みのあるネイビーに、デザイナー拘りのレースを散りばめた大人シックな一枚。
それでも印象が重たくなり過ぎないのは、
スカートがチュール素材だから。
 
 
 
 
 
ナチュラルかわいいだけ要素だけでなく、
大人の上質なエッセンスを取り入れたお二人のコーディネート。
 
 
ぜひご参考になさってみて下さい。
 
 
どうぞ末永くお幸せに。


1.17.2018

PARTY SNAP

いつもティアラドレッセのブログをご覧頂き、
ありがとうございます。
 
am boelの魅力は、二人らしさが叶うシンプルな作り。
そして、四季や時間帯によって表情を変化させるガーデン。
 
二人のこれまでとこれからの人生を、ゲストの皆様に確認していただきたい。
そんなお二人のお考えが伝わってくるようなWEDDING DAY。
 
 
花嫁様の運命のドレスは「Leaf for Brides」のモニカ。
計算された立体感のあるスカートデザインと、
柔らかなパールピンクのお色味。
 
「日本の花嫁をもっと美しく」
というデザイナーの志を感じることの出来る一着です。
 
 
 
 
パーティーシーンでは、ウェストリボンのアレンジを。
チョコレートブラウンカラーは、ナイトウェディングにぴったりのお色味。
 
 
お色直しは、重厚感のある色打掛をセレクトされました。
 
 
ナイトパーティーのガーデンでも、存在感を放ちます。
 
 
 
 
お衣装だけでなく、
コーディネートやアイテムの一つ一つに二人のこだわりを感じることの出来る一日。
 
どうぞご参考になさってみて下さいね。


1.13.2018

PARTY SNAP

 
am boelのガーデンが紅葉に染まる11月。
 
おしゃれで洗練された雰囲気のお二人の
WEDDING PARTYが始まります。
 
 
 
セレモニーは、和装で。
白地に淡いピンクやシルバーで文様が描かれた打掛を。
 
どこまでもシンプルに拘られたお二人。
 
 
 
シンプルだけど厳選された物だけを取り入れられたお二人のコーディネートからは、
ゲストへのおもてなしの気持ちが詰まっています。
 
 
 
お色直しは、「DAVID  FIELDEN」のウェディングドレスを。
スレンダーラインに散りばめられたビーディングが繊細で贅沢な一枚。
 
 
ヘッドアクセサリーは、世界中のブライズの憧れのブランド、
「Jenny Packham」のアカシアを。
花嫁様の美しい横顔を引き立てます。
 
 
ドレスを引き立てる大振りなブーケは、今トレンドのクラッチタイプ。
シンプルでナチュラルなパーティーのイメージに、よく似合います。
 
 
いつもおしゃれで素敵なお二人が創り上げたパーティー。
ぜひご参考になさってみて下さいね。
 
 


1.12.2018

PARTY SNAP

こんにちは、ティアラドレッセです。
 
ティアラが提案する「二人らしさに満ちたWEDDING」
 
こだわりのコーディネートを創り上げられたお二人をご紹介させていただきます。
 
 
 
花嫁様の運命のウェディングドレスは、「Leaf for Brides」のシャルロット。
 
チュールスカートに散りばめられたコードリバレースが可憐で軽やかな一枚。
花嫁様の持つ、柔らかな雰囲気にとてもよくお似合いでした。
 
 
 
 
お色直しも、「Leaf for Brides」のカクテルドレス。
透き通るような肌色をされた花嫁様にぴったりの
シュガーピンクのエンパイアラインを。
 
ご新郎様も、シャツやベストをチェンジされ、カジュアルダウン。
 
 
ヘアスタイルも、ドレスのイメージに合わせて、
編み下ろしをご提案させていただきました。
 
 
いつも穏やかで、お互いを思い合っていらっしゃる事が伝わってきたお二人。
そんなお二人の普段のご様子が、
コーディネートから感じられるようにご提案させていただきました。
 
どうぞ末永くお幸せに。


和装の魅力

 いつもティアラドレッセのブログをご覧下さいまして
ありがとうございます。
 
 日本の民族衣装である和装。
日本人に生まれたからこそ、結婚式で和装に袖を通しませんか。
 
 結婚に向き合う決意が、きっと新たになるはず。

ティアラドレッセは、アンティークの本物のみを大切に受け継いでいます。
時代を経た美しさに、心奪われるはず。

 

岡山後楽園で、四季折々の風景と共に。
倉敷美観地区では、レトロな町並みを堪能しながら。
 
 
 
  
 

ぜひティアラドレッセでお袖を通してみて下さいね。
 
 
 
 

ページの先頭へ