株式会社ティアラ

9.22.2017

PRE PHOTO ~Japanese Style~

岡山が誇る名園、「岡山後楽園」
 
私達ティアラのフォトプランでは、後楽園での撮影を行っていただけます。
 
 
四季折々で、様々な表情を見せてくれる後楽園。
 
岡山城をバックに、桜や菖蒲、そして紅葉。
四季の変化を感じていただきながらの撮影は、
お二人とご家族の皆様にとって、大切な思い出の時間となることかと思います。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
この場所での撮影は、岡山に生まれたからこそ。
 
ティアラドレッセのフォトフプランをぜひご検討なさってみて下さいね。
 


PARTY SNAP

皆様こんにちは。
 
いつもティアラドレッセのブログをご覧頂き、
ありがとうございます。
 
今回ご紹介させていただく花嫁様は、
ティアラドレッセの新作のウェディングドレスを、運命の一着としてお召しくださいました。 
 
 
イタリアの男性2人組みのデザイナーのブランド
「RS Couture」のドリス。
 
 
 
胸元を彩るのは、ダイナミックで印象的なレース。
スカートはあくまでシンプルで上品に。
 
たっぷりと広がるスタートラインは、
花嫁のためのシルエット。
 
 
お色直しは、大人気の「Leaf for Brides」から。
一日を通して、柔らかく可愛らしいイメージを大切にコーディネートされました。
 
 
いつまでもお幸せに。
 


9.11.2017

RS Coutre

いつもティアラドレッセのブログをご覧いただきまして、
ありがとうございます。
 
ティアラドレッセの大切なインポートブランドの一つが、
イタリアの「RS Couture」です。
 
男性二人組みのデザイナーが作るドレスは、
繊細なビーディングとレース使いが特徴のブランドです。
 
 
柔らかくフェミニンな印象のドレスラインナップが揃います。
 
 
 
ぜひ、ティアラドレッセでご試着なさってみて下さいね。


9.08.2017

PARTY SNAP

いつもティアラドレッセのブログをご覧いただきまして、ありがとうございます。
 
ティアラドレッセのお衣装は、花嫁自身を引き立てる。
そんな思いを込めたラインナップです。
 
そんなドレスを運命の1日に、
素敵にコーディネートされたお二人をご紹介させていただきます。
 
ウェディングドレスは「Leaf for Brides」のクリスティーナ。
 
お背中の高い位置から流れるトレーンは、
正面のシンプルなデザインとのダイナミックな対比を楽しませてくれます。
 
 
 
お色直しも、同じく「Leaf for Brides」のフリュイを。
鮮やかなフュ-シャピンクは、花嫁の肌の白さを引き立ててくれます。
 
プリンセス気分を楽しめる1着。
 
 
 
 お二人らしく、華やかなコーディネート。
ぜひご参考になさってみて下さい。


新作ウェディングドレス

いつもティアラドレッセのブログをご覧下さいまして、ありがとうございます。
 
イタリアのクチュールブランド「PETER LANGNER」の
新作のウェディングドレスをご紹介させていただきます。
 
「LEILA (レイラ)」
PETER LANGNERらしい、究極のシンプル。
花嫁自身が持つ美しさを最大限に引き出します。
 
ブーケやヘアメイク、アクセサリーに拘ったコーディネートがおすすめ。
世界にたった一つのブライズスタイルが完成します。
 
続いては、同じくPETER LANGNERの「EVA(エヴァ)」
Vに開いた胸元は、今のトレンドのデザイン。
波打つように広がるスカートが特徴的な1枚です。
 
ぜひティアラドレッセでご試着をなさってみて下さい。

9.02.2017

秋のブライダルシーズン



夏も終わりの気配を感じる日々。
 
 
私達ティアラは、これから秋のブライダルシーズンを迎えます。
  
今秋にお式を控えられたお二人。
そして、これからお衣装合わせをスタートされるお二人。
 
すべての出会いに感謝しています。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
これからも、ハイセンスなお衣装のご提案で、
お二人に期待以上の感動をお届けしていきたいと思っております。

PARTY SNAP

いつもティアラドレッセのブログをご覧頂き、
ありがとうございます。
 
「am boel」にて、大人でハイセンスなWEDDING DAY
をお作りになられたお二人をご紹介させていただきます。 
 
 
花嫁が選ばれた運命のウェディングドレスは
「RS couture」のフィオナ。
 
大きく開いたお背中と、スレンダーラインが花嫁の持つ美しさを引き出す一着。
花嫁がチャペルに登場したとき、
その美しさにゲストの誰もが魅了されたのではないでしょうか。
 
 
 
 
 
 
 
お色直しは色打掛へ。
とても悩まれて、ご決定くださった1枚。
 
レトロモダンな印象で、ウェディングドレスとはまた違った雰囲気に。
 
 
一つ一つ、時間を掛けて、ご自身にふさわしいものをセレクトしてくださったお二人。
 
末永くお幸せに。

 
 

ページの先頭へ